2020.03.26

ウイングトラベル

全世界に危険情報レベル2「不要不急の渡航中止」発出

外務省、新型コロナ感染拡大でツアー催行中止

 外務省は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全世界に対して一律に危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」を発出した。感染症情報ではなく、危険情報として全世界を対象にしたのは初めて。
 外務省では、世界各地で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、それに伴う国境閉鎖や外出禁止令等の措置により、日本人旅行者等が行動制限を受けたり、航空便の突然の減便または運航停止の影響を受ける事例が発生しており、渡航先の国・地域で行動制限を受けたり、出国が困難となる事態を防ぐためにレベル2を発出したとしている。
 レベル2は原則としてツアーの催行は難しくなるが、個人手配渡航は可能で、既に諸外国では日本のレベル3に当たる渡航中止勧告を発出している国・地域が多数で、海外の感染拡大とともに、国内の感染が急激に拡大すれば、さらに引き上げる可能性も出てくるとみられる。

 

■アイルランド、スウェーデン、ポルトガルに渡航中止勧告
■東南アジア6カ国に不要不急の渡航中止