2020.02.14

ウイングトラベル

SKY洞社長、成長戦略には「次期機材が鍵」

国内はローカル-ローカル、国際線も成長ドライバー

 スカイマークの新社長に就任した洞駿社長が2月13日、都内で記者会見に臨んだ。洞社長は今後の成長戦略について、「次の機材をどうするのかということが重要なファクター。国内線、国際線でも機材が足りない」ことに言及。成長戦略を推進するためにも、次世代機をどうするのかということが、キーファクターになることを明かした。
 ちなみに、新機材についてはボーイングの737MAXが最有力とみられるが、737MAXの運航停止措置が依然として解除されていないなど、「なかなか見通しが立たない状況」にあるとコメント。西岡成浩専務執行役員は「昨今のボーイングの件も踏まえて安全確認が大前提。慌てて決めることはしない。別の代替案も含めて同時に検討している」として、737MAXではない他機種に切り替える可能性を示唆した。
 国内線の路線展開については、更なる発着枠の増枠を見込むことができないこともあって、「羽田を起点とするネットワークを開設していくことは、これからは難しい」とコメント。ドル箱路線である羽田国内線を使った新展開を図ることは難しいとして、「拠点として神戸、茨城などを有しているので、今後はローカル-ローカル線」に成長の糸口を見つけていく。
 さらには成長ドライバーとして期待できそうなのが、国際線だ。国際定期便としては昨年11月末にサイパン線の運航をスタート。今月13日にはパラオチャーターを実施するなど、新たな展開を図っている。
 

 

 洞社長、「黄色に光る唯一の存在」
 佐山会長、青く染まらず独立系維持強調
 再上場向け審査中
 洞社長、「基礎体力強化し次の発展に橋渡し」
 新型肺炎、中国団体含め2400人分キャンセル
 問題長期化で国内旅行へ影響懸念

※写真=スカイマークの社長に就任した洞駿氏。初の記者会見に都内で臨んだ