2020.01.15

WING

防衛省、中東地域派遣で予備費5億円使用へ

 防衛省は1月14日、中東地域での情報収集活動のため、予備費として5億円の使用を決定した。この費用をもって、護衛艦「たかなみ」による水上部隊と、2機のP-3C航空隊による現地での活動費用に充てる。
 航空隊の情報収集活動は、ジブチで海賊対処行動に従事する航空隊が行うため、費用の多くが「たかなみ」の活動に充てることになると思われる。この情報収集のための活動期間は12月26日まで。「たかなみ」は2月上旬の出国を予定していて、約10ヵ月間同任務に従事することになる。