2019.08.09

WING

羽田、18年度顧客満足度は0.4ポ減の92.7%に

昨年課題の充電設備の満足度は大きく改善

 日本空港ビルデングは8月7日、2018年度の顧客満足度調査の結果を発表した。これは、羽田空港第1および第2ターミナルの利用者を対象としたアンケート調査。調査員がアンケート用紙を直接配布してその場で回答してもらう方式で、第1ターミナルで3996人、第2ターミナルで4066人の計8062人に調査を実施したとのこと。
 第1ターミナルと第2ターミナルの回答を合わせた18年度の総合満足度は、前年度から0.4ポイント低下の92.7%(大変満足:46.9%+満足:45.8%)となり、若干低下したものの依然として高い評価を維持した。ターミナル別では、第1ターミナルでは0.5ポイント増の93%(大変満足:46.2%+満足:46.8%)、第2ターミナルでは1.1ポイント減の92.4%(大変満足:47.7%+満足:42%)となっている。

 

※写真=第1・第2ターミナルの18年度の総合満足度は92.7%と高い評価を維持した