2019.08.09

WING

JTA・RAC、消費増税で運賃・料金、手数料を変更

 日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)は8月8日、消費税率の改正に伴い、10月1日購入分から各種運賃・料金および手数料を変更すると発表した。
 今回の変更は、10月1日から消費税率が現行の8%から10%となることに合わせたもの。全ての各種運賃と、クラスJ料金、ペット料金、超過手荷物料金を除いた各種料金、そして各種手数料の消費税率を10%に引き上げることになる。なお、9月30日までに予約・発券した航空券の搭乗日を10月1日以降に変更する場合は、操作日に関わらず8%の消費税が適用となる。
 また、払戻手数料も10月1日より現行の430円から440円に変更する。こちらも9月30日までに発券した航空券については、払戻日に関わらず430円の払戻手数料が適用となる。ちなみに、取消手数料は不課税扱いのため、今回は変更しないとのこと。