2018.05.14

WING

新艦対空誘導弾の開発など契約

SH-60K改は165億、ステルスレドームは11億

 防衛装備庁はこのほど、3月30日までに契約した主要な開発、研究試作契約を公表した。このうち、2017年度を初年度とする開発では、国産初の艦対空ミサイルとなる新艦対空誘導弾(その1)について三菱電機と約88億円で契約を行った。