2019.05.17

ウイングトラベル

ベトナム・ダナン市観光紹介セミナー開催

現地観光局幹部来日、日本人市場強化アピール

 ベトナムのダナン市より、ダナン市観光局とホテル、旅行会社など関係者が来日し、「ダナン市観光紹介セミナー」を開催した。同セミナーは、ダナンの最新情報を伝えるとともに、日本の旅行業界関係者との意見交換などを通し、懇親を深めることを目的としたもの。会場ではワークショップも同時開催された。
 セミナー冒頭の挨拶で、駐日ベトナム大使館公使参事官のラム・タイン・フォン氏は、「近年、日本とベトナム間の交流が盛んになっている中で、特に観光に関する促進が著しいことをうれしく思う。ベトナムの観光市場にとって、日本は重要であると同時に、ベトナムからの訪日客の数も増加しており、2020年には、双方向で150万人に達することを信じている。ぜひ今後も発展してほしい」と語った。
 また現地より来日したダナン市観光局グエン・スアン・ビン副局長は、「ダナンはベトナムの世界遺産のうち4つの玄関口となる場所で、中部エリアの観光ポイントの拠点。日本からは、成田、関空からの直行便も就航しており、レジャー、会議、ファミリー、ウェディングなど、さまざまなプランを立てるのに最適な場所。日本人はダナン市にとって重要マーケットである」と説明し、「現在ダナンを訪れる海外からの観光客数は80万人で、そのうち4分の1となる16万人が日本人。今後その数をさらに伸ばすために、どうしたらいいか考えていきたい」と日本人マーケットの誘致にさらに積極的に活動していくことを強調した。

 

※写真=ダナン市観光局のグエン・スアン・ピン副局長