2019.04.22

WING

海自、漁船乗組員を硫黄島まで急患輸送

 統合幕僚監部はこのほど、海上自衛隊第21航空隊の硫黄島航空分遣隊が4月15日に母島西沖で、ミクロネシア籍漁船の日本人乗員を急患輸送したと発表した。
 同部隊はUH-60Jで同場所へ向かった。対象の乗員に対し応急処置などを行いつつ、硫黄島まで輸送して、その後海上保安庁へ引き渡した。

 

※写真1=機上救護員が漁船へ降下する(提供:統合幕僚監部)

※写真2=急患輸送した漁船乗組員を海上保安庁へ引き渡す(提供:統合幕僚監部)