2019.04.18

WING

JJP、成田-庄内線を8月1日開設

山形県内初めてのLCC就航に

 ジェットスター・ジャパンは来る8月1日に、成田-庄内線に就航することを決めた。運航便数は1日1往復2便。これによりジェットスター・ジャパンは、山形県に就航する初めてのLCCとなった。運賃は片道4490円~2万2190円。なお、就航記念運賃として、片道174円で往復合計500席を販売する。
 同社によれば、庄内は国内16都市目の就航地になるとのことで、成田-庄内線は24路線目になるとのこと。
 ジェットスター・ジャパンの片岡優社長は「庄内と東京を結ぶ初めてのLCCとして、低運賃の空の旅を提供することで、庄内地方のお客様が首都圏、海外がより近くなる」との見方を示しつつ、「首都圏や海外からのお客様が庄内を訪れる機会が増えることを見込んでいる」などとコメントした。

 

※写真=ジェットスター・ジャパンが成田-庄内線を開設することを決めた