2019.02.06

ウイングトラベル

アゴダ旧正月予約状況、バンコク・東京・台北

台湾3都市ランクイン、大阪は6位に

 アゴダがまとめた旧正月のアジア太平洋地区旅行者の予約状況によると、バンコク、東京、台北がベスト3の渡航先で、とくに、台北(3位)、高雄(5位)、台中(7位)と台湾3都市がトップ10に入った。前年3位の大阪は6位に下がった。
 全体的には、バンコク、東京、台北、クアラルンプール、シンガポールなどグルメとショッピングの両方を楽しめる渡航先がトップ10内に数多く入り、家族で楽しむ傾向にあるという。

 

※図=過去3年の予約状況ベスト10の推移