2018.04.13

WING

ピーチ、RECARO社の新型シート導入を決定

プレリクライニングデザインで快適性向上

 ピーチ・アビエーション(APJ)は4月12日、運航機材の座席にRECARO Aircraft Seating社(ドイツ、CEO: Mark Hiller)の最新モデル「SL3510」の採用を決定した。2019年に受領する24号機(A320CEO)から導入を開始する。
 同モデルは、人間工学に基づくプレリクライニングデザインで、背もたれが15度倒れた状態で固定されるのが特徴。また、スリムな形状となっているため、旅客の足元スペースを従来以上に確保できるなど、一層の快適性向上に貢献する。すでに世界各国の航空会社へ、12万席以上販売されているため、信頼性も高い。
 ピーチでは座席の選定のため、主要顧客層となっている20〜30代の女性従業員を中心に、2017年4月から部門横断型の機内座席選定プロジェクトチームを発足させ、選考に当たってきた。座り心地や耐久性の考慮はもちろん、既存の利用旅客の意見なども踏まえた上で、総合的に評価した結果、自動車や航空機の座席を提供するRECARO社の座席導入を決定した。
 なお、プレリリクライニングデザインの座席の導入は、北東アジアのLCCでは初めて。

※写真2=RECARO社のSL3510(提供:APJ)