2019.03.22

ウイングトラベル

ビジット・シアトル、プロモ予算増額検討

宿泊施設数大幅増、誘致活動一層強化へ

 シアトル・ワシントン州観光事務所はこのほど都内ホテルで旅行業界向けのシアトル観光セミナーとワークショップを開催した。当日はシアトルからビジット・シアトルのケリー・ロビンソン理事長、トム・ノーウォークCEO、そしてポート・オブ・シアトル/シアトル・タコマ国際空港のコートニー・グレゴア理事を始め、現地のホテルやアトラクションが来日し、シアトルの最新情報についてプレゼンテーションを行った。
 セミナー終了後に本紙などとのインタビューに応じたビジット・シアトルのロビンソン理事長とノーウォークCEOは「ここ数年で宿泊施設が大幅に増加し、受け入れ環境が向上しているほか、再開発プロジェクトも進んでいるなど、観光を取り巻く環境が大きく変化している」と述べた上で「新たなシアトルを知ってもらうために、海外市場向けのプロモーション予算を現状に比べて400万ドルから600万ドル程度増額することを希望している」という考えを示した。

 

 JALとDAL就航で日本路線の座席数2倍に
 グループ客獲得を中心に訪問客上積み狙う
 スポーツやクルーズ関連の旅行需要も開拓へ

※写真=インタビューに応じたビジット・シアトルのケリー・ロビンソン理事長(写真左)とトム・ノーウォークCEO

 

※写真=シアトル観光セミナーの模様