2018.11.22

ウイングトラベル

10月訪日旅行、1.8%増ながらプラスに転化

韓国・台湾・香港など自然災害の影響残る

 日本政府観光局(JNTO)によると、10月の訪日外国人旅行者数は、前年同月比1.8%増の246万1000人と前月のマイナスから微増ながら2カ月ぶりにプラスに転じるとともに、10月単月で過去最高を記録した。関西を中心に西日本を襲った台風21号の影響からは回復、北海道胆振東部地震の影響からは今後の回復に期待が掛かる。
 市場別では、韓国、台湾、香港が昨年10月上旬の休暇が今年は9月下旬となったことと、関西、北海道の自然災害から回復途上のため、前年同月を下回った。欧米豪市場は好調なクルーズ需要などで9市場すべてで好調な伸びを示した。
 市場別では、16市場の中国、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペインで10月単月で過去最高を記録した。また、1-10月累計では、ベトナム33万人、イタリア12万9000人、ロシア7万9000人、スペイン10万4000人と4市場が昨年の年間人数を超えて過去最高を更新した。

 

 韓国8%減、台湾10%減も中国7.8%増に
 香港0.9%減、1-10月累計唯一マイナス

 

 ベトナム21%増、1-10月25%増と市場1位
 東南アジア好調、タイ・フィリピン二桁増

 

 欧米豪、海外旅行需要旺盛で全て二桁増
 豪州・イタリア2割増、ロシア・スペインも好調

 

※表=10月の方面別訪日外客数(JNTO推計)