2018.11.19

ウイングトラベル

稚内サンホテルが破産申請、負債5億3000万円

 東京商工リサーチ(TSR)によると、(株)稚内サンホテル(北海道稚内市中央3-7-16、設立昭和53年5月、資本金1億5000万円、大友幹岳社長)は11月14日、旭川地裁に破産を申請した。負債総額は約5億3000万円。
 昭和49年2月創業。地元有志の出資を得て、JR稚内駅と稚内フェリーターミナルに最も近い場所で「稚内サンホテル」を運営していた。立地条件の良さ、450名収容可能な大宴会場を有していたことなどから、ピーク時の平成4年2月期には7億2293万円の売上高を計上していた。