2018.09.20

WING

スカイマーク佐山会長、海外キャリアと提携検討

訪日需要を成長力に、相互利益ある海外他社と提携へ

 スカイマークの佐山展生会長が9月19日、「海外(エアライン)と、何がしかの提携を考えても良い」との方針を明らかにした。スカイマークは国際線に関して、年末にもまずはチャーター便で成田-パラオ、成田-サイパン線に就航し、来年5月頃には定期便化することを目指している。さらに国際線ネットワークを拡大していくことも視野に入れており、訪日需要の自社の成長に取り込んでいく上で、海外キャリアをパートナーとしていくことも検討していく考え。
 佐山会長は「(提携先を)どこと決めている訳ではない」と前置きしながら、「海外から日本に飛んできて、日本国内に足のないキャリアはたくさんある。そことの提携は当然、あって然るべき」と話した。その一方で、「(アライアンスに加盟するように)そこまで大きくしなくても、個々の航空会社と互いにメリットがあるのであれば、広く一緒に協業すべき」との見解を示した。