2021.01.14

WING

電源開発、ドローンの送電線・架空地線自律撮影技術確立

岡山理大と共同開発、架空電力線点検作業を50%超効率化

 電源開発(Jパワー)と岡山理科大学が共同で、ドローンによる送電線・架空地線自律撮影技術を確立することに成功した。この技術により、架空電力線点検の作業時間から50%以上効率化することが期待できるとみている。さらに、センサー技術や高速な画像処理技術によるドローンのリアルタイム制御により点検業務の安全性向上と点検の質向上も見込まれるとした。なお、両者は同技術の特許を取得済みだ。取得した特許は「自律移動制御システムおよび自律移動体」で、ドローンによる自律撮影技術としては電力業界初だという。
 両者によれば、共同開発した「自律移動撮影制御システムおよび自律移動体」は・・・・・・・・。

※写真=電源開発と岡山理大がドローンによる送電線・架空地線自律撮影技術を確立。特許を取得済みだ