2020.11.20

ウイングトラベル

★ZIPAIR、成田−ホノルル線を12月19日開設

 1月末まで臨時便16往復、来年度米西海岸線開設の布石に

 日本航空傘下の中長距離LCCであるZIPAIR Tokyo(ZIPAIR)が、成田−ホノルル線を来る12月19日に開設する方針を固めた。1月末までの間に、臨時便として計16往復運航する。航空券は本日11月20日18時から販売をスタートする。ZIPAIRは欧米路線開設を目標に掲げており、まずはその足掛かりとしてリゾートの聖地であるハワイへと路線ネットワークを拡げる。来年度には機体を2機増機して、いよいよ北米西海岸線を開設する計画だ。なお、成田−バンコク線は現在週6往復便運航しているが、12月1日から3月27日までの間、週7往復便に拡大する。現在バンコク線は週6往復便運航しているが、このうちバンコク発便のみ週5便を旅客便として運航中で、残りを貨物専用便としている。今回の決定でバンコク発の旅客便の運航も週7便に拡大することとなった。

 

 留学生や駐在員・家族需要見込む
 西田社長、他社競合で「楽観視できず」
 貨物需要で運航変動費カバー
 ホノルル経由北米の貨物需要取り込みも
 フルフラット席は5万9800円〜、普通席も1万9800円〜に
 6歳以下は7000円定額、PCR検査の独自サービスも

※写真=成田空港での記者会見で成田−ホノルル線の12月19日開設を発表した西田真吾社長

 

※写真=成田−ホノルル線は1月末までに臨時便として計16往復運航。航空券は本日11月20日18時から販売開始