2020.04.03

WING

羽田空港第1PTB勤務者が新型コロナウイルスに感染

日本空港ビルの事務職社員1名が感染

 日本空港ビルデングは4月2日、羽田空港第1ターミナルに勤務する同社の事務職スタッフ1名が、新型コロナウイルスに感染したことを発表した。事務職として勤務しており、旅客と接する業務には従事していなかった。また、1カ月以内に海外への渡航歴もなかったという。
 感染が確認されたスタッフは3月20日に発熱。それ以降、自宅待機していたが、4月1日になって、医療機関から新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたことの報告を受けた。
 日本空港ビルデングによれば、感染したスタッフが勤務していた事務室を消毒すると共に、濃厚接触者の特定などを急いでいるという。
 なお、日本空港ビルデングとしては、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、空港内スタッフはマスクを着用することを推奨。ターミナル内のドアノブ、手すり、手荷物カートハンドルなどの消毒作業を強化している。さらに、ターミナル各所にアルコール消毒液を設置するなど、対策を講じているところ。

 

※写真=羽田空港第1ターミナルでスタッフの新型コロナウイルス感染を確認(提供:日本空港ビルデング)