2018.06.13

ウイングトラベル

韓国観光フェスティバルに多数の一般来場者

 「2018韓国観光フェスティバル」は、“韓国再発見#だけじゃない!韓国”をテーマに、韓流、テーマ観光、グルメ、ウェルネスなどのコンテンツを活用し、展示ゾーンや体験コーナー、PRステージ、イベントなどを通じて韓国の新しい魅力を紹介する一般向けイベント。東京ドームシティプリズムホールで2日間にわたり開催している。
 韓国観光名誉広報大使のイ・ジョンソクさんが出演するイベントは、申込多数により抽選となる人気ぶりで、開場を待つファンで長蛇の列ができるなど、第3次韓流ブームと言われる韓国の人気再燃を実感させるイベントとなった。
 また、展示体験ブースには、大邱広域市、光州広域市、全羅北道、江原道、首都圏観光協議会、済州特別自治道、韓国訪問委員会がブースを出展し、各エリアの魅力をPR。韓国最新のスイーツが試食できるグルメゾーンや、コリアンビューティーの秘訣を紹介するメディカルツーリズムゾーンなども設けられた。航空会社からは大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空が出展、ロッテ免税店や新羅免税店なども出展して、最新情報を紹介した。