2019.08.09

WING

NTTと日揮、プラント点検・管理にドローンとIoT

年度内のサービス提供を目指す

 NTTドコモと日揮は8月8日、石油精製や化学などの大規模プラントに対する設備点検や建設管理を対象として、ドローンやIoTなど新たなテクノロジーを活用した実証と事業創出に向けて検討を実施することに合意した。ドコモが開発したドローンプラットフォーム「docomo sky」と、日揮グループが提供するプラント向け統合型保全サービス「INTEGNANCESM」をはじめとした設備管理システムや、プラントの保守点検に係るノウハウを活用した技術開発と現場実証を国内外において両社で行い、2019年度内のサービスの提供開始を目指す方針だ。
 両社によれば、国内の石油精製や化学プラントの多くが稼働開始から30年以上経過し、保守点検の需要が高まっているとのこと。その一方で点検にかかるコストや高所設備における点検員の安全確保が課題になっているという。
 そうしたなか両社では、ドローンを用いてプラント設備を撮影し、点検者がクラウド上で保守点検のレポートを作成し、点検情報を管理することを目指す。

 

※画像=NTTドコモと日揮はプラント設備の点検管理にドローンとIoTを導入に向けて検討をスタートする(提供:NTTドコモ、日揮)