2019.07.12

ウイングトラベル

JOTC欧州部会「美味しいヨーロッパ100選

欧州食文化を厳選、2020年上期から商品化

 JATAアウトバウンド促進協議会欧州部会はこれまで、2015年に「美しい村30選」、2017年に「美しい街道20選」を選定し、ヨーロッパへの海外旅行促進を目的にJATA会員各社の旅行商品造成に努めてきたが、第3弾として、「美味しいヨーロッパ100選」を決定した。
 7月11日にJATA本部で「美味しいヨーロッパ100選」について会見し、JOTC欧州部会長の古木康太郎グローバルユースビューロー会長とハンガリー大使館のコロジ=キシ・エステル一等書記官が出席した。
 古木氏は、ヨーロッパは各地域に旬の美味しい料理が数多あり、それぞれが「食文化」を形成しており、旅の重要な要素である料理を紹介することで、商品造成の魅力をさらに深め、ヨーロッパ地域への旅行者を拡大することを強調した。
 今回の選定に当たり、「美味しいヨーロッパ100選」のロゴマークも決定。2020年上期からの商品化に向けて、当該ツアーはこのロゴマークをパンフレットやウェブサイトなどに掲出できる。

 

「美味しいヨーロッパ100選」PDF

 

※「美味しいヨーロッパ100選」ロゴマークを中央に古木康太郎前JATA欧州部会長(右)とコロジ=キシ・エステル・ハンガリー大使館一等書記官