2019.07.12

ウイングトラベル

阪急交通社5月実績、総取扱額3.5%増

海外旅行は10連休で全方面好調、欧州31%増

 阪急交通社の5月の取扱実績は、総取扱額が前年同月比3.5%増の332億7900万円だった。内訳は、海外旅行が4.3%増の192億9500万円、国内旅行が2.3%増の135億5600万円、外国人旅行は11.8%増の4億2700万円だった。
 海外旅行は10連休となったゴールデンウィークが牽引し全方面好調で、ヨーロッパは31%増、アジアでは台湾、韓国が好調だったほか、ベトナムは新規就航効果で36%増と大きく伸びた。国内旅行は、東北、四国、九州、沖縄が前年を大きく上回ったほか、四国は43%増となり、とくに関西から大塚国際美術館を訪れる日帰りバスツアーが人気だった。外国人旅行は欧米豪市場が好調に推移した。