2019.06.19

WING

超音速機開発するBoom、XB-1を年内ロールアウトへ

来年は初飛行も、超音速旅客機復活へ開発順調

 【仏パリ発=伊藤学】開催中のパリエアショーで6月18日(仏現地時間)、超音速旅客機の開発に取り組むBoom Supersonic(ブーム)のブレイク・ショール最高経営責任者(CEO)が記者会見に臨み、超音速旅客機のデモンストレーターであるXB-1を、今年12月にロールアウトすることを発表した。XB-1による超音速飛行は2020年に計画していることも明かした。
 ショールCEOによれば、今後計画しているロールアウトおよび初飛行の実施に向けて過去1年間に、同社の技術者たちはXB-1の空力設計の確認作業を実施してきたほか、エンジン運転試験、代替燃料によるエンジン試験、超音速インレットの風洞試験、フルレンジテレメトリーシステム試験、スピントンネルを活用した試験など、様々な試験を実施するなど、その開発作業を進めてきていた。
 ショールCEOは「ブームは世界の旅を変革する次世代機開発で大きな成功を収めている」とコメント。コンコルド以来となる超音速旅客機の実現に向けた開発作業が着々と進展していることに言及した。さらに2名のテストパイロットを採用するなど、飛行試験の実施に向けた準備作業も進めていることを明かした。
 また、エコな超音速飛行を実現する取り組みも進めているとのことで、代替燃料の開発を進めているプロメテウスとのパートナーシップを締結したことも発表。プロメテウスは空気中から二酸化炭素を除去して、電力を用いてジェット燃料などに変換するという技術とのこと。このプロセスに用いる電力も、太陽光や風力発電などから得るとしており、クリーンなエネルギー生成を目指しているという。
 こうした超音速旅客機の開発に取り組むブームをバックアップしているのが、日本航空(JAL)だ。JALは2017年12月にブームと資本提携することを発表。1000万ドルの資金の提供したほか、エアラインとして技術や機体仕様などに関するサポートのほか、プロモーションについても協力することを表明。さらに、将来の優先発注権として20機分を確保している。

 

■JAL、ブームの機体開発に貢献
 ブーム技術者がJAL来訪など運航学ぶ

 

※写真=JALの森田グループ長(左)とBoomのショールCEO(右)

※写真=JAL塗装の超音速旅客機。いつの日か実現するのか?