2019.06.14

ウイングトラベル

阪急交通社4月、総取扱額21.2%増と好調

海外旅行が28.1%増、国内も16.2%増の伸び

 阪急交通社の4月実績は、総取扱額が前年同月比21.2%増の313億8100万円と大幅に増えた。このうち、海外旅行は28.1%増の155億2300万円と3割近く伸びたほか、国内旅行も16.2%増の150億5700万円と2桁伸びた。外国人旅行は2.6%減の8億円だった。
 海外旅行では、ヨーロッパ、台湾、エジプト、トルコが好調に推移、なかでもヨーロッパは17%増と、海外旅行の取扱いを牽引した。国内旅行は、ほぼ全方面で前年を上回り、とくに東北は桜関連のツアーが好調で23%増だった。外国人旅行はアジア市場の取扱いが減少した。