NEC、空飛ぶクルマ試作機浮揚に成功

空の交通整理や通信など管理基盤開発を加速

 

 日本電気(NEC)は8月5日、空飛ぶクルマの試作機を、NEC我孫子事業場(所在地:千葉県我孫子市)に新設した実験場において、浮上実験に成功したことを発表した。NECは空飛ぶクルマの移動環境に必要となる空域管理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築を本格的に開始するとしている。今回の試作機の浮揚実験は、その取り組みの第一段階。NECによれば、空飛ぶクルマにおける機体管理の機能や飛行特性を把握するために試作機を開発したという。
 NECが開発した試作機のサイズは、人が搭乗することができないもので、その全長約3.9メートル、全幅3.7メートル、全高約1.3メートル。モノコック構造で、離陸重量は航空機製造事業法の適用範囲外である150kg未満とした。空飛ぶクルマに必要となる自律飛行や機体位置情報把握(GPS)を含む飛行制御ソフトウェアおよび推進装置であるモータドライバなどを新たに開発し、試作機に搭載した。

 

※写真=ホンダジェットエリートが中国でも型式証明を取得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です